2009年02月22日

800円の小旅行

 静岡方面への遠征が続き,小遣いは減る一方。しかし,「富士・はやぶさ」は来月でおしまい。頑張って出かけるしかない。
 ・・・と思っていたのだが起きたら9時過ぎていた。あちゃ〜天気も良いのにな。掲示板を見ると遅れているらしい。これから間に合うか?とも考えたのだがちょっと厳しそう。中途半端な出費も後で響くし,間に合わなかったら・・・。よし夕方にしよう!
 バスで私鉄最寄駅まで200円,電車で渋谷まで190円,渋谷からJR最寄り駅まで210円,帰りのバスで200円。一筆書きのルールを活用して800円での撮影旅行に行くことに。撮影地は平日被られる可能性があるため,休日に挑戦するつもりだった有楽町。カメラと50mm F1.4の単焦点レンズ,受信機のみの軽装で16時に出発。
 1時間ほどで有楽町に到着。回送に間に合った。この時間は何とか明るいが40分後は・・・。
 これまでの経験から,カメラを振る速度よりシャッターの切れるタイミング(音)が早いため,煽られるように被写体よりも先にカメラを振ってしまう傾向があったので,秒間のコマ数を減らしてみた。試しに数本の電車で練習し好感触を得ることができた。
 そろそろ入換が終わった頃かな?受信機を指スキャンしていると通話テストが受信できたので,そのままのチャンネルで待機。お手製のダイヤで1本前の南行きが発車して行った。休日なので次の電車まで5分。定刻ならばこの間に来るはず。ホームの先端から同業者数名がスタンバイしていた。
 無線で発車指示がでた。発車直後なので時間はかかるだろうと考えていたが,案の定?なかなかこない。ようやくロクロクのライトが見え始め,被写体を捕らえゆっくりカメラを振った。がやはり少し早かったかな?まッ,カマ番読めるし良しとしよう。

20090222_DSC_3335.jpg
■東海道本線 東京〜新橋 有楽町を通過する「富士・はやぶさ」
posted by ttoyo64 at 20:48| Comment(1) | 2008年冬

2009年02月21日

いざ満水へ

 前日までの雨も止み,天候も回復する予報が出ていた。
 今回は,EH-10さんの車に同乗させていただいて日曜日に続き満水へ。
 自宅近くのコンビニで合流して,東名高速で一路菊川を目指した。車内では鉄談義に花が咲き,あっという間?に静岡県内へ。風が強く雲もないようで,星が見えていた。このままだと絶景の満水が期待できると喜び勇んでさらに西へ。
 牧の原で休憩して3時に目的地に到着。ヒ・フ・ミ・・・なななんと既に7台程が止まっていた。何とか止める場所を確保してしばし小休止。
 6時頃からセッティング開始。土手の上,ガードレール傍,線路の柵周辺とあちらこちらに三脚が立っていたが場所が広いため案外余裕があったようだが,最終的には30名程いただろうか。
 メインのカメラにサンニッパとテレコンで縦位置,サブカメラに80-200で横位置そしてビデオカメラで迎撃体制が整った。
 桃貨物が通過。まだちょっと暗いかな?露出を確認すると1/160秒が限界。まっ望遠だから大丈夫だろう・・・。
 徐々に陽が射してきた。掲示板を覗くと定時で走っている様子。天気も申し分ない。後は主役を待つだけ。
 そろそろ?ビデオを回し始めた。トンネルを飛び出す位置にライトが光り,青い車体が見えてきた。最終的な露出を確認して,ファインダーに飛び込んできた。
 もうちょっと・・・。
 今だ!それ行け〜とばかりにいつもの25連写。おっとサブカメラを忘れるところだった。ファインダーを覗くことなくレリースを押しておいた。何か撮れてるだろう・・・。
 モニタで確認するとよしよし撮れてる。サブカメラの分は望遠が足りなかったのかちょっと右側が空き気味なのでトリミングするとして,まずまずの成果であった。

20090221_DSC_3309.jpg
■東海道本線 掛川〜菊川

20090221_DSC_8655.jpg
■東海道本線 掛川〜菊川(トリミング済)

 今夜も会合があるためどうしても東京に戻る必要があった。周りの方は明朝まで撮影されるとのこと。いいなア〜。
 しばらく鉄談義の後,カナキク方面へ移動開始。 昨秋以来ではあったがまさか再訪するとは・・・。
 途中で前回撮影したポイント付近でEH-10さんの知人がいらっしゃるとのことで寄り道。満水と同じ様に撮れるのだそうだ。
 カナキクの東峰踏切付近に到着。ここでセンゴック牽引の貨物を撮影し,有名な撮影地をロケハンしておいた。もう一度これるかな?
 この後さらに函南方面へ移動。土曜日のお昼近い時間帯のためか,伊豆へ向かうと思われる車で渋滞していた。カーナビで迂回路!と裏道へ入っても結局は同じだった。(笑)
 何とか渋滞を抜け竹倉付近をロケハンするも,踏切以外の適当な場所を見つけることはできなかった。
 函南駅でEH-10さんと別れ普通電車で熱海へ。新幹線?踊り子?とも考えたがゆっくり寝られるだろうと普通電車のグリーン車をチョイス。駅弁を食べた後は爆睡モードで東京へ戻った。
posted by ttoyo64 at 23:24| Comment(0) | 2008年冬

2009年02月15日

深夜の強行軍

 「富士・はやぶさ」の廃止まで1ヶ月を切った。
 土曜日は朝方の雨と参観日のため撮影に行くこともなかった。583も撮っておきたかったのだが・・・。
 近場での撮影もいいが,場所は違えど何か似たようなアングルにちょっと不満気味。
 天気予報は晴れ。ちょっと違った撮影に行かなければ・・・と思い立って朝日がギラリをを狙うべく静岡方面へ行くことに。いつもなら青春18きっぷの時期にしか行かない中距離であるが,今回は頑張って車で行くことに。滅多に運転しない夜間,深夜帯のにちょっと不安があるものの何とかなるだろうと息子と22時過ぎに自宅を出発。一路菊川ICを目指した。
 比較的スムーズに川崎ICから東名高速へ。ここ最近何度となく利用しているがやはり夜は感覚が違う。時間はたっぷりあるのでゆっくりで良いや・・・。昼寝しておいたのだが,あくびが出てしまうため久しぶりに聞くオールナイトニッポンを大き目のボリュームにして眠気を飛ばした。
 御殿場ICを通過。ここから先はナトリウム灯がなくしばし漆黒の闇を順調に突き進んだ。
 自宅を出発してから約2時間。とりあえずの目的地牧の原SAに到着。荷物の確認をしているとビデオを忘れてきた・・・。がっくりしながら車内で仮眠をとった。
 3時半に目が覚めた。もちろん外は真っ暗。早めに撮影地に向かってそこでもう一度休もう。
 ちょうどサンライズが通過して行った。
 昨秋,ロケハンしておいたポイントに行く前に,某雑誌の表紙にもなったポイントを確認したのだが,既に撮影者と思われる車が止まっているではないか。皆さんマルヨするんだな〜と感心しながら今回の撮影地に到着。
 あっ!草が刈ってある。秋にはボーボーだったが見事になくなっていた。ありがたいことだ。ここには誰もいないのでもう一休み。
 今度は5時過ぎに目が覚めた。日の出まで間があるため真っ暗。時折通過する貨物列車のライトで状況を確認するがよく分からない。そろそろ準備するか・・・。6時過ぎから三脚・カメラをセットし始めた。今日はサンニッパでドカンと・・・。少々明るくなってきたのでアングルを確認すると,想定していた画角よりの狭いことが分かった。35mmの300mmとDXの300mmを計算違いしていたようだった。
 さらに明るくなってきたので低速シャッターで撮影してみると,目視できない電柱が1本ド〜ンと居座っている。これを交わすために右往左往してようやく落ち着いた。自宅のカメラ総動員で,D40を使って流しておこう。モモ貨物で予行演習。タイミングを間違わなきゃ大丈夫だろう。慌てないあわてない。一呼吸一呼吸。
 徐々に陽が射して,ISO200でも1/250秒が確保できるまで明るくなった。が赤くならない。機関車が赤く染まるのを期待していたのだが・・・。
 踏切が鳴り出して,満水のトンネルを抜けて2レが近づいてきた。
 今だ〜。8枚ほど連写してフレームアウト。即座にサブカメラで4枚流し撮り。よかった撮れてる〜。息子も満足したようだった。
 結局この場所での撮影者は息子を含めて3名だった。

20090215_DSC_3278.jpg
■東海道本線 掛川〜菊川 2レ 朝日の射す方へ

20090215_DSC_0979.jpg
■東海道本線 掛川〜菊川 2レ

 今日は午後からクラブの会合があるため,早めに戻らなければいけない。
 実は,もう一度この辺りにくる計画があるため,事前調査をしておくことに。有名な満水(たまり)地区だ。土手の上や線路際に撮影者がたくさんいらっしゃった。挨拶しながら赤く染まったかどうか話を伺ったがそれほど・・・。バレンタイン辺りから条件が良いと聞いていたが,気温が高いからかやや霞んでいた?らしい。
 撮影地の状況とアングルを確認して撤収。今度は由比〜興津間の撮影地へ向けて移動開始。通勤割引で100km以内となるため半額ですんだ。ラッキー。
 清水インターから1号線で撮影地へ。富士山がほんのり霞んで見えていた。Sカーブの方は・・・。車が多くておっかないので場所の確認は中止。
 この後,富士川〜新蒲原間のポイントを確認しておいた。
 ここまで,充当に流れて時間に余裕が出たので,函南近くのロケハンを追加したのだが,撮影には不適だということが判明した。分かっただけでもよかった訳で・・・。
 沼津まで戻るのももったいないのでそのまま箱根経由で東京へ戻った。
 22時出発で14時過ぎに帰着,1日で440kmの運転なんて何年振りだろう。少しは慣れたかな?
posted by ttoyo64 at 20:34| Comment(0) | 2008年冬

2009年02月11日

曇りの日は・・・

 天気が良ければ風景(湘南の海か富士山)と一緒に,悪ければ列車主体で・・・と考えていたため都内の曇りの日向けポイントへ。
 電車で行こうと思ったのだが,出発が遅くなったのともしかしたら脚立が必要?と考え車で出発。距離的には20km程度だが都内は渋滞で・・・休日のためか目立った混雑もなく1時間程で着いた。
 コインパークに車を止めて撮影地へ。先客が1名。フェンス越しに撮影するべく踏み台をセット。カーブしているところが撮れるはずなのだが何かイメージが違う。色々話を聞かせていただき少々先にある公園へ移動。
 フェンスには数名が陣取っておられたが,その隙間に入れていただいた。前の人の頭越しに撮影するため踏み台に乗ると木の枝が頭にあたるのだが致し方ない。三脚持ってくればよかった。狭くて邪魔になりそうなので車に置いてきたのであった。
 185系やE231系で画角の確認をしてその時を待った。
 待つこと20分遠くからロクロクらしきライトが見えてきた。京浜東北線の北行き電車も見える。エッ?まさか?被られないよな?北行き電車が通過して行った。やや遅れて2レが通過して行った。ホッ。
 モニタで確認すると,ゲゲ後ろが切れてる?
 目測を誤ったわけではないが,目一杯という気持ちが強いようで,以前からカツカツになる傾向が今回も出てしまった。

20090211_DSC_3249.jpg
■東海道本線 川崎〜品川 2レ
posted by ttoyo64 at 16:57| Comment(0) | 2008年冬

2009年02月08日

連チャン第1弾

 いつものようにハイケンスで目が覚めた。今日もしばらく布団から出られずゴロゴロしていると「行くんでしょ!」と起こされた。
 布団から起き出して外を見ると雲はない。いい天気になりそうだ。
 今日は息子を連れて6時過ぎに出発。
 多摩川を渡る際に富士山は見えなかったが,横浜を過ぎ厚木に近づくとうっすらと見えてきた。さあ決断の時。富士山バックか米神俯瞰か・・・。最終的には後者に決定。
 小田原厚木道路に乗り継いで小田原へ向かった。米神付近だと食糧の調達ができないため,途中で朝食を調達して石橋へ。根の上踏切近くには撮影者が見受けられた。息子をトンネルカーブの登り口で降ろして俯瞰できるポイントに到着。先日ロケハンしておいた場所だった。
 ちょうど真向かいにトンネルカーブのポイントがあり,撮影者が集結しているようだったがここはマイナー?なのか誰もいない。
 邪魔にならないところに車を止めて撮影場所を探していると,同業者が1名こられた。右往左往している私をよそに,あっさりと場所を決められてセッティングを始められた。道路沿いに100m程歩いてみた結果,最終的には先ほどの方の近くがベストであることが分かりスタンバイ。18-55mmのレンズを装着して18mmでもギリギリの画角だった。
 色々話を聞かせてもらうと,編成全体ではなくみかん畑と何両かを切り取るアングルで撮るとのこと。なるほど〜。今日は車で機材も持ってきているので,ビデオと三刀流で行ってみよう。
 D40に28-70を装着して手持ち,ビデオを三脚に固定してセッティング完了。ビデオは広角にならずD40の画角とほぼ一緒になっていた。
 一本前のモモ貨物が通過。さあ次だ。ビデオを回し始めると,警報機が鳴り始め轟音とともに2レがやってきた。D40で4枚。しばらく山に隠れた後,全体が見える位置でひたすら連写していると,ちょうどいいタイミングで農作業の軽トラがローギアで唸りながら坂を登っていった。(笑)

20090208_DSC_0958.jpg
■東海道本線 根府川〜早川 2レ

20090208_DSC_3229.jpg
■東海道本線 根府川〜早川 2レ 快晴の米神地区を行く「富士・はやぶさ」
posted by ttoyo64 at 17:19| Comment(0) | 2008年冬

2009年02月07日

想定外の曇天

 いつものようにハイケンスで目が覚めた。しばらく布団から出られずにどこからどうやって富士山バックで撮影するか考えていた。
 そろそろ起きなきゃ。布団から起き出して外を見るとドンよりしていた。あれ〜ッ快晴の予報じゃなかったっけ?
 ライブカメラを見てみるが夜明け前で真っ暗。
 まあ行ってみようと準備をして6時に出発。
 厚木に近づいても富士山は見えそうにない。富士山バックを諦めて茅ヶ崎〜平塚間のポイントへ向かった。
 いつものコインパーキングに車を止めて歩いて撮影地へ。ゲゲ!人が大勢いる?と思ったら踏切で通過待ちをしていた中学生?だった。ああビックリ。
 撮影地に到着すると先客が2名。後ろに陣取ってセッティングするが,正面がちになってしまうため,編成の後ろが入るように場所を移動して準備完了。
 通過まで時間があるので,しばし鉄談義。御一方は昨夜からこられてキャンピングカーでマルヨされたとのことで,屋根上からビデオ撮影をされていた。
 もうお一方は,望遠と中望遠のダブル攻撃。おれも持っていけば・・・いつもの後悔であった。
 おおッ!陽が差してきた。そうなると電柱の影を考えなければいけない。ちょうど画角の中央付近に影ができてしまうため,右に振ったり望遠にしたり試行錯誤を繰り返して何とかアングルが決まった。
 掲示板を見ると,三島〜函南で撮影されていたEH-10さんから定通の報告が。
 一本前のモモ貨物が通過。さあ次だ。警報機が鳴り始め,最終的な露出を確認して連写!

20090207_DSC_3201.jpg
■東海道本線 平塚〜茅ヶ崎 2レ

 まずまずの天気でもっと人出があると考えていたが,最終的には7名程と案外少なかった。
 モニタで確認するちょっと欲張りすぎたのか,手前に引きすぎたような感じだったが,良しとしよう。
 しばし,皆さんと鉄談義で明日は○○,来週は△△と華がさいた。特に来週は午前は583が熱海まで入り,午後は房総SLと目白押し。
 来週は,出勤日・娘の参観日・・・どうしよう・・・。
posted by ttoyo64 at 17:45| Comment(0) | 2008年冬

2009年02月04日

回1レ

20090204_DSC_3142.jpg
■東海道本線 品川〜新橋 回1レ
posted by ttoyo64 at 23:30| Comment(0) | 2008年冬

2009年02月01日

想定以上の快晴

 ハイケンス(携帯の着信)の音で目が覚めたが,なかなか布団から出られずにゴロゴロしていた。
 ようやく起き出し,準備して家を出発したのは6時過ぎだった。晴れてはいるが富士山はどうだろう?東の方は昨夜までの雨雲の名残か雲が広がっている。
 見えなければ米神と決めていたのだが,多摩川を渡る時に霞んでいるものの富士山を発見することができたため,予定を変更して平塚〜茅ヶ崎のポイントへ行くことに。
 いつものように東名で厚木を経由して,そこから一般道で平塚方面へ。見える見える富士山がくっきりと。
 1号線沿いにあるコインパーキングに車を止めて,オプションの三脚,脚立と今日は一脚をもって撮影地へ。
 この場所は,富士山が見えるとカマと富士山,見えなければ編成主体で撮ることになる。ちょうど1年前に来た時には,富士山が見えずに編成を撮ろうとして,メモリが一杯になっていたことに気づかず2枚で撃ち止めになったことがあった場所であった。某雑誌に載っていた写真を見てこんなに撮れるのかな?と気になっていたのだった。
 そうそう今日は2月1日。「ありがとう九州寝台特急記念乗車券」の発売日。実家に買ってきてと依頼しておいたのだが・・・。歩きながら電話すると

 「行ってきた?」
 「こうて(買って)きたぞ〜」
 ありがとう。親父!

 歩くこと15分で目的地に到着。前回のロケハンでベストと思っていた場所は,先客がいらっしゃって,その方の背後から一脚と脚立で抜こうとしたが警報機が邪魔でなかなかいいアングルが確保でき ない。いろいろと試しているうちに,せっかくの脚立と三脚を使わない手はない。考えていたアングルとは違うものの電柱のステーが写りこまないようにやや高めの位置から撮影することで落ち着いた。
 時間が経つにつれ,撮影者が続々と集結。最終的には親子連れを含めて10名以上の大所帯となった。ちなみに踏切の向こう側にも数名おられた。
 直前のモモ貨物が通過して行った。さあ今度だ・・・。踏切が鳴り始め,遠くから青い車体が見えてきた。既にシャッターを切っている人も。早いな〜と思いながらファインダーを凝視すると,きたきた〜。いつもの25連写で撮影完了。モニタで確認するとまずまずかな?しかし,ファインダーでは気づかなかった電柱が富士山を串刺しにしていた。しかも真ん中に・・・。

20090201_DSC_3113.jpg
■東海道本線 平塚〜茅ヶ崎 2レ 富士山をバックに東京を目指す「富士・はやぶさ」
posted by ttoyo64 at 16:38| Comment(0) | 2008年冬