2014年04月05日

無駄な努力

 タブレットPCにブックカバーを付けたのは良いが,USBポートが潰れてしまった。
 引っかける金具(正確にはプラ)を外さないと,USBポートのカバーが開けられない。

 WiFiストレージでSDカードとHDD/SSDを接続できるようになったのだが,コンパクトフラッシュを読むにはどうしてもUSBカードリーダが必要なのか?
 そんな中でSDカードをコンパクトフラッシュに変換するアダプタを発見。早速注文したのが届いたのでやってみた。

20140405_DSCN0669.jpg
SDカード→コンパクトフラッシュ変換アダプタ

 D3では使えるがD3Sでは使えなかった。
 よくよく調べると,D3SではTYPEII型のカードは使用不可とのこと。あちゃ〜。

 何とかならんのか!ネットサーフィンしていると,SDカード型のEye-Fiアダプタを使えるようにしたとの記事が。
 写真を見て一念発起。チャレンジ!

 外装カバーを剥がして,基板丸見えの状態に。記事ではこの状態で使用しているとなっていたが,これではちょっと・・・。
 容量が小さくて使い物にならない,CFカードの外周枠だけを使って瞬間接着剤で補強。しかし,これが仇になるとは・・・。

20140405_DSCN0671.jpg
改造後の変換アダプタ(表?)


20140405_DSCN0677.jpg
改造後の変換アダプタ(裏?)

 試しにUSBリーダに差し込むと・・・読めた。

 が,D3Sでは使えない。
 いや,無理すれば入るのだが,SDカードのカバー部分が干渉して奥まで入り切れず,メディアの蓋が閉まらない有様。

 やっぱりだめか・・・。

 何とかしないと。で,見つけたのがこれ。

20140405_DSCN0675.jpg
マイクロSD→コンパクトフラッシュ変換アダプタ

 これでD3Sで撮ったファイルをワイヤレスでタブレットやHDDにコピーできるようになった。
 壊した部品代は,しめて・・・。
posted by ttoyo64 at 15:11| Comment(0) | 2014年春