2008年05月27日

ニコン経由田町行き

 連休明けからの出張やら試合等で鉄活動できないまま,3週間が経過してしまった。
 天気予報では,今日まで晴れマークになっている。こうなったら・・・下り「富士・ぶさ」を撮りに行こう。午後から半休をとってまず新宿のニコンサービスセンターへ。どうもCCDにゴミがついているようで同じところに模様が入るようになっていたのだ。預けている間に量販店巡り。D3かァ〜いいけど高いよなァ〜。
 待つこと1時間半。カメラを引取って移動開始。お手製のダイヤグラムによれば1レの撮影には被る確率が低い(はずだが・・・)とみて田町へ移動。
 先客が1名。横に陣取り,携帯用の小型三脚にセッティング開始。新幹線が通過すると小刻みに揺れているのがわかる。ニコンに行かなきゃ大きいのを持ってきたんだけどなァ(後の祭りである←キートン山田風)。
 ちょうどいいアングルには望遠が足りず,モノレールの橋脚が写りこむのだがまッいっか。
 17時を過ぎてもビルの間から陽が差している。あと1時間この明るさがあればいいのだが・・・。
 やがて,ふっと後ろ(品川方)を見ると青い車両がチラッと見えた。あれッ?なんだァ?何とEF66-46に牽引された回送列車が品川を出て東京に向かっていたのだ!エッ!?予期せぬ事態ではあったが,落ち着いて確認すると後方に機関車が付いていないため「はやぶさ」のマークが撮れる!慌ててカメラのアングルを調整して上り列車を撮影できるようにしたのだが,京浜東北線の南行電車がやってきてしまった。
 3月の改正以来初めて回1レを見たのだが,変わってたんだ〜。ということは東京駅で機回ししていることになるので,今度見に行かなきゃ。
 18時近くなると仕事帰りの同業者が集結し,総勢10名ほどになっていた。通勤電車からの視線を感じつつも,せっかくの機会なので被らないでくれよ〜と願いつつ待ち続けた。
 山手線と京浜東北線が並んで進入してきた。遠くで東海道線の接近灯が点滅している。京浜東北線の被りはない。青い車両が見えてきた。最終の露出を確認し,ISOを400まで上げて1/400秒を確保して連写した。

20080527_DSC_0729.jpg
■東海道本線 新橋〜品川 東京を出発して西を目指す1レ

 この後,E233系東海道線仕様を撮影し帰ろうとしたのだが,ビルに陽が当たって反射しているのが絵になりそうなので,京浜東北線のE233系と絡めて撮影しておいた。が露出オーバー気味となってしまった。
posted by ttoyo64 at 21:58| Comment(0) | 2008年春

2008年05月06日

失敗つづき

 前日の試合の影響でややお疲れモードではあるが,連休最終日になってようやく快晴となったからには出かけなければ・・・。ということで183・189系の団臨とやっぱり「富士・ぶさ」を撮影に出発。
 できるだけ荷物を少なく・・・カメラとレンズ,クリップのみの軽装備としたのだが後で後悔することに。
 総武線各駅停車で阿佐ヶ谷へ。先客が2名。アングルを確認するとバランスよく撮ろうとすると電柱が入り込んでしまう。ああテレコン持ってくれば・・・。
 183・189系10連団臨の前にある,あずさ色6連は見事に被られてしまったが,目的の10連は無事に撮影できたのであった。

20080506_DSC_0553.jpg
■中央本線 荻窪〜阿佐ヶ谷 183・189系10連の団臨

 E233系の導入で残り少なくなった201系が通過して行ったので,後追いで撮影しておいた。
 阿佐ヶ谷から新宿経由で横浜方面へ。横浜駅には誰もいなかったようだが,撮影したことがないアングルを求めて戸塚まで移動した。数名がスタンバっていたが間から中腰で撮影することに。結局,2レは約20分ほど遅れて通過して行った。今回,三脚を持ってきていなかったため,数枚目以降は早々にパンが切れてしまう始末。やっぱ気合い入れてこないと・・・。
 この後,「はやぶさ」のテールマークを撮るべく田町へ移動。上りは遅れたものの,回送は所定時刻でくるかと考えていたが甘かった。結局30分遅れて回送されてきたのだが,今度はアングルを間違えてしまい。マークは写せたもののカーブの先の機関車が見えない状況となってしまった。
 今年のゴールデンウィーク中の撮影はこれでおしまい。来年は「富士・ぶさ」がいないかも・・・。
posted by ttoyo64 at 20:46| Comment(0) | 2008年春

2008年05月04日

リベンジ!

 すっきりしない天気であるが、前回の「富士・はやぶさ」のリベンジのため息子と弥勒寺踏切へ向けて出発。連休なので車も多いかと思いきや所々混雑していたものの予想以上に早く現着できた。加えて誰もいないので車を空き地に止めてセッティング開始。
 前回の反省から一段大きな踏み台を使用し,フェンス越しのハイアングルで迎え撃つことにした。やはりE231や211が多く,撮影コマ数がなかなか進まないまま時間が過ぎて行った。
 やがて同業者が1名(最終的にもこれ以上増えることはなかった)。みんな「奥利根」に行っているのかな?
 ここではSVOが通過した直後に2レが通過することが多いらしい。そろそろかな?後ろからSVOが通過して行った。SVOが藤沢に到達する前あたりで2レと離合し,こちらに向かってくる。雲の切れ間から陽が差しているものの,影が動いているのが見え,まだらになりそうな様相であったがそんなことも言ってられないため,いつものように連写しておいた。
 EF66-50牽引の「富士・はやぶさ」が定刻に通過して行った。

20080504_DSC_0529.jpg
■東海道本線 藤沢〜大船 弥勒寺踏切跡を通過する2レ

 当初の目的は達成したのだが,折角なのでリゾート踊り子まで撮影して行くことに。
 いつも藤沢駅周辺は混んでいるようで,この日も同じ状況だった。県道は一向に進まないため,国道1号から第三京浜を経由して帰路についた。
posted by ttoyo64 at 14:14| Comment(0) | 2008年春

2008年04月30日

待てども待てども・・・

 1〜3月の遠征の影響もあってか財布の中身も乏しいのと,鉄以外の用事が毎日曜日に入っていたため,どこかに出かけることもなく4月が終わりそうだったが,それも寂しいため近場へ出かけることに。ターゲットはやっぱ「富士・はやぶさ」。
1.相模湾をバックに
2.弥勒寺踏切跡
3.川崎近辺
 いくつか候補を挙げて,あとは渋滞しだいかなということで,6:20に出発。一般道で湘南方面を目指すが,スッキリと晴れていないため藤沢に行くことに決定。月末のためかそこそこの渋滞に巻き込まれたものの8:00過ぎには藤沢に到着。コインパーキングに車を止めて弥勒寺踏切跡へ。平日ということで先客は1名。
 掲示板を覗くとなんと2レは関西で止まっているとのこと。ゲゲゲッ!多少の遅れは覚悟したが何時間遅れになるのか見当がつかない。
 とりあえずセッティングしてアングルを確認しておいた。同業者はいつ来るか分からないので・・・と引き上げていった。
 誰もいなくなってしまった。想定外の事態で,時刻表やら無線機を持ってきていないため,ジッと待つしかなかった。通過するのはE231や211ばかりで,貨物もこない,たまに185が通過する際にアングルと露出の確認をするぐらいで,日向ぼっこしているような感じであった。通過予定時刻から2時間を経過したが,何処を走っているのかも分からず,ここまで待ったら待ち続けるしかないような状況になってしまった。
 やがて,1名こられたので,東京まで来るのかな?上ってくるんだったら遅くても16時頃には品川に入らないと下っていけないし・・・などなど予測やら撮影談義で時間を有意義に過ごせた。
 待つこと5時間半,13:50頃にようやくEF66-46牽引で2レが上ってきたがヘッドマークは付いていなかった。寝台にはまだ客が乗っており打ち切りではなかったようだ。

20080430_DSC_0501.jpg
■東海道本線 藤沢〜大船 5時間半遅れてやってきた2レ

 とりあえずマークなしを撮影できたのだが,昼を過ぎてしまい逆光気味となったため後日リベンジしなければ・・・。
posted by ttoyo64 at 23:28| Comment(0) | 2008年春

2008年03月31日

雨と桜と「富士・はやぶさ」

 夜中にハプニングがあって目を覚ましたが,二度寝して6時に起床。窓を開けると雨が・・・。
 ニュースの気象情報を確認してホテルをチェックアウト。「朝食をどうぞ」と声を掛けられたのだが,如何せん時間がないので駅へ向かった。あと15分早かったら食べられたのに・・・。

●富士7:10→2733M→7:15富士川
 一駅ではあるが,撮影地の最寄駅まで移動。富士川駅で遅れ情報を聞いてみると,25分遅れているとのこと。ちょっと時間に余裕ができた(これだったら朝食も食べられたかな〜)。
 雨が止まないためコンビニでレインコートを調達して歩いて撮影地へ向かった。水溜りを避けながら目的地へ到着。下見?のとおりフェンスがあり,フェンスのないところからも撮れないことはないが難しそうなので,フェンスにレンズを押し付けるような格好でセッティング開始。桜の木をどのように写しこむかあれこれ考えてみたが,こんなもんでいいか〜でセッティング完了。
 近くに踏切もないため接近状況が分からず,遅れ情報で聞いていた25分を過ぎたがなかなか来ない。本来なら時間が経つにつれ明るくなるはずが暗い。雨も止むことなく黒い雲が垂れ込めており,露出が厳しい状況となってしまった。結局,ISO400まで上げて何とか1/250秒を確保した。
 まだかな〜と思った瞬間,線路が光り「富士・ぶさ」がやってきた。それ行け〜とばかりにシャッターを切った。

20080331_DSC_0384.jpg
■東海道本線 新蒲原〜富士川 雨と桜と「富士・はやぶさ」

 画像を確認すると,架線が結構邪魔をしていたが,とりあえずは撮影できていたので一安心。撤収して富士川駅に戻った。
 富士川駅に戻ると,雨も小降りとなり陽も差してきた。なんなんだ〜。あと30分遅れてくれたらいい条件になってたのに〜。富士川駅入り口で機材とレインコート類を整理して,これからどうするか作戦を練った。
 明るくなってはきたものの雨が上がりきっていないのと,レインコートは着ていたもののズボンの裾が濡れていたため大井川鉄道への遠征を諦めて,身延線の乗り潰しをしておくことに決定。

●富士川9:54→740M→9:58富士10:36→3629M→13:23甲府13:41→548M→15:31立川15:33→1534T→15:45三鷹
 富士駅で電車の入線を待って,進行方向右側のボックス席を確保(これが失敗だった?)。富士川沿いに行くのだが,右手は山ばかり。川は左側でよく見えない。景色を楽しみにしていたのだがちょっとショック。
 身延で小休止するため,食糧を調達に行ったが駅弁が見当たらず甲府までじっと我慢することに。
 甲府近くになると,通学?客を含めて混雑してきた。甲府では山梨キャンペーンで使用されるSLがいるかも・・・と淡い期待を寄せていたが,その期待は脆くも崩れ去ってしまった。時刻表では土日運転と書かれていたようだが,同じ行の別の列車のことだと判明して立川行きに乗車。ホームで買ったパンを齧りながらごとごとと山を登っていった。勝沼ぶどう郷駅で桜バックに写真を撮ろうと考えていたのだが,満開には程遠い状況なので諦めた。
 どこで乗り換えるか迷ったのだが結局終点の立川まで乗車して,後続の特快で三鷹へ。時間はずれの昼食をとって帰宅したのであった。
posted by ttoyo64 at 20:05| Comment(0) | 2008年春

2008年03月30日

東海地区へ

 翌日の天気予報では雨なのだがこの機会を逃すと行けそうにないので,午後からゆっくり出発して一路富士へ。

●東京15:33→3765M→17:07熱海17:09→457M→17:58新蒲原18:07→832M→18:15富士
 東京を発車する頃にはポツポツと雨が落ちてきた。
 座席下にあるヒータの熱と格闘しながら熱海に到着。運よく向かいホームに停車中の浜松行きに乗り換えて富士へ。一応桜の開花状況と撮影地の状況を電車の窓から確認するために新蒲原まで乗車した。が桜は咲いていたようだが,場所は暗くて分からなかった。
 折り返してもう一度確認。フェンスはあるものの何とかなりそう?として富士へ戻った。
 一旦ホテルにチェックイン後,「富士・ぶさ」をバルブするため再度富士駅へ。「さくら」等の懐かしい文字が残っている5番線のホームをうろうろしながら乗車口と機関車の停止目標を探した結果,前出し気味になりそうなのでヘッドマークを諦めてスタンバイすることに。
 停車直前を撮影する方もおられたが,面倒なのでそのままの位置でセッティング完了。うわッホテルにレリースと水準器を忘れてきてしまった!
 ほぼ定刻にEF66-48牽引の1レが入線。レリースがないので,バルブではなくシャッター時間指定で撮っておいた。

20080330_DSC_0354.jpg
■東海道本線 富士駅 富士駅で小休止する1レ

 この後,近くのイトーヨーカドーで食糧を調達してホテルに戻った。
posted by ttoyo64 at 21:05| Comment(0) | 2008年春

2008年03月29日

風っこくるり

 卒業式のために上京していた婆を送って羽田空港へ。
 その前に,子供たちと木更津から「風っこくるり」号に乗車。別の予定が雨天となった場合のお楽しみとして予約しておいたのであった。といっても自分は乗らずに車で移動し,途中のポイントで迎え撃って上総亀山へ。

20080329_DSC_0337.jpg
■久留里線 久留里〜平山 久留里線を行く「風っこくるり」号

 上総亀山で合流して,東京湾フェリーで対岸へ渡り羽田へ。
 見送った後,夕方の大渋滞に巻き込まれ3時間かけて帰宅した。久しぶりの長距離運転であった。
 このままの予定で行くと青春18きっぷが残ってしまう。何とか使い切るために出かけることに。桜も咲いているので「富士・はやぶさ」と絡めて撮影しておきたい。来春また見られるかどうかわからないし・・・。
posted by ttoyo64 at 20:32| Comment(0) | 2008年春

2008年03月15日

9032レ

 0:03 下関を14分遅れて発車。
 セノハチ越えを見たかったのだが,睡魔には勝てず寝てしまった。
 目が覚めたのは倉敷到着時であった。本州内?では無線周波数が違うのか入換波で発車指令が聞こえた。
 4:59 倉敷発車。
 5:13 岡山発車。
 まだ,夜明けまで時間があり,外の風景も見えないためもう一度横になった。
 次に目が覚めたのは姫路到着前で,うっすらと明るくなっていた。
 6:17 姫路発車。
 昨年春に訪れた市川橋梁にもファンがいたが思ったより少なく,その分,陽が昇った沿線のあちこちで撮影されていた。
 6:39 おはよう放送
 おはよう放送とともに,もうすぐ明石海峡大橋が見えるとの案内放送が流れた。ちょうど進行方向右側に明石海峡が,さらにその先にはよく対岸の淡路島もはっきり見えた。

20080315_DSC_0154.jpg
■山陽本線 舞子付近 車内から見た明石海峡大橋

 天気も良さそうでこの先もファンが多いだろうな〜。室内での片付けをしていたら須磨のポイントを確認できなかった。
 神戸を通過し,三宮に到着。六甲山を見ながら大阪を目指す。塚本では「なは・あかつき」と回送「銀河」を撮影できるとあって多くのファンがいた。大阪駅に進入する際,チラッと機関車が見えた。「銀河」?「日本海」?確認できなかった。
 大阪でもホームを走り回るファンが。
 7:28 新大阪発車。
 遅れは3分に縮まっていた。いよいよラストスパート。
 今度は,JR西日本の車掌さんによる「なは・あかつき」号の紹介が始まった。
 今日もいるいる,何度と無く東京から通った山崎のサントリーカーブ。もう行くこともないだろうな〜。それでも2月に訪れた時よりもホームの人は少なかったように思えた。やっぱり「銀河」と二刀流かな。
 7:58 京都到着
 ついに「あかつき」の旅が終わってしまった。放送のとおり,行き先報告幕が回送になるまで色々な行き先が表示され,「あかつき 長崎」暫く止まったのでここで撮影できるとは思わなかった。
 停車している間に,車号を撮影しておいた。
 最終9032レの編成は以下のとおりであった。
←京都
 EF6642-Iオハ14301-Hスハネフ1512-Gオハネ15351-Fオハネ14301-Eオロネ14303-Dスハネフ1514-Cオハネフ252108-Bスハネ252131-Aオハネ25136-@オハネフ25109-カニ2417

 やがて,車両は鴨川方へ引き上げていった。
 通路の窓から写そうと移動したが,人が多くその隙間からようやく撮影できた。一般の人達からも「これが寝台ですか?」と聞かれたのであった。

20080315_DSCN2862.jpg
■東海道本線 京都駅 京都駅から回送される車両

 この後,「日本海」を撮ろうと計画していたが,天気が思ったより悪く,荷物も多く,な〜んか疲れてしまったため午前中の新幹線で帰京したのであった。
posted by ttoyo64 at 21:47| Comment(0) | 2008年春

2008年03月14日

「あかつき」最後の日

 夜中に目が覚め,外を見るとまだ降っていないのを確認してもう一度寝た。
 5:30に起床。今度はしっかり降っている。朝食後ホテルをチェックアウト。スーツケースをコインロッカーに預けて駅構内へ。

●長崎7:30→2006M→7:49諫早8:18→2001M→8:36長崎
 かもめ6号で諫早へ。巧くいけば諫早で撮影後,かもめで折り返せばもう一度撮影チャンスがあるのだ。
 ・あかつき諫早 8:11着 8:12発
 ・あかつき長崎 8:55着

 ホーム屋根の下に同業者が1名。ここで友人と合流し作戦会議。カメラ用のレインカバーをつけてホーム先端へ移動した。前回ここで撮った時もやはり雨だったな〜。
 今回は大きいレンズではあるが露出が厳しい。到着の案内放送が流れる頃には雨も小降りとなり,明るくなったため何とか露出を確保できた。ED76-94牽引の33レが進入してきた。あらッ〜併結マークだ〜。最終日は単独マークを期待していたのだが・・・。

20080314_DSC_0016.jpg
■長崎本線 諫早駅 諫早駅に進入する33レ「あかつき」

 そそくさと撤収して2001Mに乗車するべく1番線へ。

 私: 「併結マークでしたね〜」
 駅員:「盗難にあったのでねエ〜」

 諫早まで空席が多かった2001Mは通勤客をを乗せ長崎へ向け発車した。荷物が多いのと長崎駅で迅速に下車できるようにデッキに立ち,市布で33レを追い抜いたのを確認した。33レは4番線に入線するのだが,4番線から撮ると電柱が障害になるため2番線ホームから撮影することにしておいた。定刻に長崎駅に到着。乗客は改札の方向へ向かうが一人だけ反対方向へ歩いて行き,良さげの場所に陣取った。平日の朝のためか同業者は少なかった。4番線から2010Mが発車し,入れ替わりに浦上方から先ほど追い抜いた33レが到着した。

20080314_DSC_0038.jpg
■長崎本線 長崎駅 雨の長崎駅に到着する33レ「あかつき」

 到着するや乗客を含めてレガートシートのテールマークに人だかりができた。後方から駅舎を絡めて撮影後,昨晩も行った駅裏の駐車場から俯瞰して撮影しておいた。

20080314_DSC_0053.jpg
■長崎本線 長崎駅 雨の長崎駅に到着した33レ「あかつき」

20080314_DSC_0057.jpg
■長崎本線 長崎駅 雨の長崎駅に到着した33レ「あかつき」

20080314_DSC_0068.jpg
■長崎本線 長崎駅 「あかつき」のテールマーク

 一通りの撮影をした後,友人と再合流。時間があるのでドライブがてら島鉄方面へ行ってみることに。島鉄内の撮影地を確認した後,諫早湾の堤防道路経由で肥前大浦へ。

20080314_DSC_0084.jpg
■長崎本線 多良〜肥前大浦 菜の花とソニかも

 菜の花が咲き乱れるポイントでソニかもを撮影し,島鉄の撮影ポイントへ再移動。色々調べた結果,待っている列車はキハ20ではなさそうだということがわかり,急遽長崎駅へ移動した。駐車場に車を止めて駅構内を見ると,「あかつき」単独マークを付けたED76-94が待機中だったため,遠目から撮影して長崎駅へ。

20080314_DSC_0090.jpg
■長崎本線 長崎駅 長崎駅構内で待機中のED76-94

 17時から発売される記念オレカのために並ぼう!ということになった。既に130名ほど並んでいて,限定500セットで1人5セットまでなので先着100人がどのように購入するかによっては買えないかも・・・とのことだったが,ここまできたらチャレンジしておかなきゃ。
 友人と談義しながら約1時間半。残念ながら遥か前方でオレカは完売になってしまった。残念。
 それならとばかりに「あかつき」弁当の整理券を確保した。
 まだまだイベントまで時間があるので,駅裏から「あかつき」を撮影しておいた。
 18:30出発式のイベントとして,吹奏楽団の演奏や女子校生による蛇踊りが披露された。既に駅ホームは人で溢れかえっており,入線しても撮れないのはわかっていたので,駅裏からバルブしておいた。ところが,昨夜は留置されていなかったキハ66・67が停車しており,アングルに制限ができてしまった。それでもお構いなしで何枚か撮影し,弁当を引取ってホームへ。

20080314_DSC_0112.jpg
■長崎本線 長崎駅 最後の発車を待つ「あかつき」

20080314_ticket.jpg

 いよいよ乗車するのであるが,何せ人が多くて歩くのもままならない状況になっていて,何とか自分の席に辿り着いた。機関車とヘッドマークなんてとてもじゃないが撮れやしない。駅での出発セレモニー撮影するのは無理がありそうなので,雰囲気を頭上から数枚撮るだけで終わりってしまった。

20080314_DSC_0116.jpg
■長崎本線 長崎駅 発車セレモニー

 飲み物とつまみを調達して車内へ戻った。
 車内の方も人が行ったりきたり慌しく,外に出る気にならなかったのでICレコーダ片手に窓際に佇んで発車を待った。防音性が良いのか外のイベントの音も聞こえず少々がっかり。
 「あと7分」
 「あと3分」
との案内放送がいよいよだなという雰囲気にしてくれた。
 無線による発車指令の後,わずかに汽笛が聞こえ,ホームで流れる蛍の光を聞きながら長崎駅を発車したのだった。そうか今日は9034レなんだ〜。
 駅近くの駐輪場でスタンバイしていた友人をはっきり確認できないまま,隣の浦上で運転停車。列車待ちの客やファンが手を振ってくれた。検札があり記念乗車証をいただいき,いつもの記帳をお願いした。
 諫早を発車し,湯江で運転停車。時刻上は1分に満たない停車時間のはずだが,ホームにはファンがいた。
 20:30過ぎ,「あかつきの歩み」と題して放送が始まり,「あかつき」の生い立ちやエピソードの紹介があった。
 長崎本線の上り列車に乗るのは「さくら」以来?その時は夕方だったので有明海を眺めながらの旅だったが,「あかつき」の時間帯では暗闇で,点々と光る民家・街灯だけで景色はよくわからない。
 この間に,長崎駅で仕入れておいた「さよならあかつき弁当」を食した。「あかつき」のテールマークに似たてたそぼろ飯がいい雰囲気であった。

20080314_DSC_0134.jpg
あかつき弁当

 続いて肥前浜で運転停車。駐車場の車が「あかつき」に向けてヘッドライトを向けて止まっており,照明のようにして撮影していたように見えた。確かにこの駅は暗いからなあ〜と感心?したのであった。
 肥前鹿島を発車。快調に走っているようだったが,この時点でやや遅れ気味であり,肥前山口では到着後すぐに発車するとの放送が入った。
 友人がスタンバイしており撮影チャンスが減ってしまいそうなので,この情報をメールで送っておいた。
 肥前山口を発車。手を振り合って確認できた(と思う)。
 佐賀を発車。おやすみ放送と鳥栖での併結作業に伴う注意点が放送された。
 鳥栖に到着。1番線には「なは」が停車中で,ホームには大勢のファンが詰め掛けていた。中線に817系が留置されており,バルブするには厳しい状況だったようだ。
 転線開始。ゆっくりと本線上へ出て行くのだが,どうゆう訳か本線に出きれないうちに止まってしまった。暫くして動き出し,本線上へ引き上げ完了した後,推進運転で1番線に転線が始まった。ホームの警備の関係なのかゆっくり動いており3度目の停車の際に連結したと思われる軽いショックを感じた。もうすぐ発車時間。何か時間がかかり過ぎているように思えた。
 案の定?後続の2362Mが信号開通待ちで停車したままのようで,2番線へ進入するようになったようだった。
 22:14 鳥栖を7分遅れて発車。
 22:38 博多を7分遅れて発車。
 遅れの影響で,先行列車の退避が間に合わなかったのか赤間?付近で速度を落としたが後は順調に走ったようだった(眠くなってしまってよく見てなかったが)。
 門司に到着。重い腰を上げて機関車交換の状況を撮影に行こう・・・としたのだが,部屋の鍵がきちんと掛からないことに気付いた。どうするか迷ったのだが人も多いだろうしと考えて諦めてしまった。
 関門トンネルをくぐって本州へ。
 下関に到着。やはり鍵が巧くロックしないので牽引機の確認もできないままとなってしまった。
posted by ttoyo64 at 23:50| Comment(3) | 2008年春

2008年03月13日

いざ長崎へ

 目が覚めたのは7時。午前中に便への変更をあきらめてゆっくり器材の準備に取り掛かった。
 チケットを忘れていないか再確認して自宅を出発。予想外の乗客を乗せた路線バスにバックを持ち込んで何とか高速バスのりばに到着。一路羽田へ向かった。途中の首都高4号線が混んでいたようだが,13:40頃には羽田に着いた。
 早速,荷物を預けてラウンジへ。無線LANでネットサーフィンしながら今夜のバルブ撮影地を探してみた。ここに行ってみようっと。
 今日の座席は非常口座席。客室乗務員の前の席であった。前に座席は無いのだが,航空機の扉のでっぱりがあってスペースとしてはイマイチ。しかも荷物が多いのだが,座席真上に荷物収納部が無いため少し離れたところに置かざるを得ないのがチョット・・・。
 さあ出発時刻と思いきや,なにやら整備士が乗り込んできた。なんだア?小さなトラブルらしく10分程かかるとのこと。長崎着が遅れるとバルブできなくなるよ〜。
 案内どおり10分遅れて離陸。うっすらと雲がかかって地上が良く見えないこともありウトウト。気付くと北九州空港が眼下に見えた。そろそろ左旋回・・・あれッ?しないな〜。そのうち雲の下に降下して見えてきたのはどう見ても高架化された武雄温泉駅。見慣れた西九州道だ!ちょうど小串郷駅付近を通って大村湾上へ出て,久しぶりにRWY14からのアプローチであった。
 長崎に着くと,後発のJAL機が既に到着していた。
 荷物を受け取り,リムジンバスで長崎へ。
 ホテルにチェックインして,長崎駅へ向かった。何処から撮ったのかな?と駅裏へ出ると立体駐車場があり,屋上まで行くと探していたとおりの風景が現れた。急いでホテルから出てきた関係で背のび〜を忘れてしまい,つま先立ちでアングルの確認しながらセッティング完了。程なく「あかつき」が推進運転で入線してきた。長崎の街並みを絡めての広角と列車主体の標準系で撮影後,ビデオで発車シーンを撮影しておいた。

20080313_DSC_9983.jpg
■長崎本線 長崎駅 長崎の夜景と「あかつき」

 この後,ホテル近くの食堂でおでんとちゃんぽんを食べ,明日に備えたのであった。最後の長崎駅進入シーン撮影と決めていた。
 明日の天気予報は・・・午前中雨(雷を伴う?)ウ〜ン。
posted by ttoyo64 at 21:37| Comment(0) | 2008年春

2008年03月02日

33レ

 5時過ぎに起床。撮影後に空港へ戻り,できれば午前中の便に乗るためできるだけ荷物の整理をしておいた。
 準備が整って出発したのは6時であった。まだまだ日の出まで時間があるため真っ暗な中を207号線で波瀬ノ浦方面を目指した。徐々に明るくなってきたが,思ったより曇って(霞んで)いる。
 前日ロケハンしておいた俯瞰撮影の場所にするか,肥前大浦のカーブにするか決めかねたままフラフラと細い路地に入りこんだ。どう見ても同業者と思われる方が1名踏切に向かって歩いていた。が踏切付近で撮影するのか?と思いきやそのまま踏切を渡って海岸の方へ下りて行ったので同じように行ってみた(こんな道があったんだ〜)。
 すると,大浦の海岸付近から入江を渡る長崎本線にちょうど薄日が当たる場所があり,他にも数名スタンバッていた。防波堤の処理をどうするか右往左往しながら,少し奥まった波消しブロックの上にセッティング完了し33レの通過を待った。
 踏切がないので接近しているのかわからないため,背後にある工場からの排水の音を気にしながらビデオを回した。
 やがて,ED76-94牽引の33レが急カーブのためかゆっくりと姿を現した。もうちょっと右に振っておけば・・・と反省しつつ撤収して次の場所へ移動を開始。

20080302_DSC_9953.jpg
■長崎本線 多良〜肥前大浦 入り江を行く33レ「あかつき」

 例によって,湯江の運転停車中に追い抜く作戦で,湯江〜小江間のどこでもいいから撮影できそうなポイントへ移動開始。
 ペースメーカーとなるトラックのお陰で遅れ気味ではあった。予定通り湯江で33レを追い抜いたものの,次の直線区間では「かもめ6号」が近づいていた。あまり時間がないと判断し,直線区間で撮影するべくセッティング開始。しかし,33レが接近してきたため写真の撮影を諦め,手持ちでのビデオ撮影となってしまった。40秒程度ではあったが,腕が震えてしまいたぶんぶれてるな〜。
 定刻に通過したので,うまくいけば長崎でもう一度撮れるかも・・・と考えたのだが,レンタカーの返却と飛行機の関係もあるのでこれで終了。
 この後,長崎空港でレンタカーを返却し,JAL便で帰京した。
posted by ttoyo64 at 20:46| Comment(0) | 2008年春

2008年03月01日

「あかつき」三昧

 5時に起床。外を見ると雨の降った形跡はあったが,月も見えており天気はよさそう。
 こうなったら,朝日がギラリを狙いに佐賀方面へ行かなきゃ・・・。何だかんだで5:40に出発。高速で一路嘉瀬川の土手に向かった。
 約1時間で目的地に到着。まだ日の出までは時間があったが,東の空が赤らんできており期待大。バルーン佐賀駅付近にセッティング完了したのは通過5分前であった。
 近くに踏切がないので接近しているのかどうかわからなかったが,そろそろかな?とビデオを回し始めると同時に33レが轟音とともに通過して行った。客車の部分がギラリとなっていたが,撮影直前にズームを操作したためカツカツとなってしまった。2L版にプリントすると切れてしまいそう。

20080301_DSC_9833.jpg
■長崎本線 鍋島〜久保田 朝日を受けて長崎を目指す33レ

 ここでの撮影は終了。今度は「あかつき」イベントのため長崎へ。高速で行ってもよかったのだがロケハンを兼ねて207号線経由で向かった。
 途中,波瀬の浦,肥前大浦あたりで菜の花の状況を確認したり,俯瞰撮影できそうなところを探したのだが,有名なポイントでは木々が生い茂っていてなかなか好条件の場所を探すことはできなかった。
 諫早ICから高速で長崎へ。目的地となる宝町踏切近くのコインパーキングに車を止めて,歩道橋でセッティング開始。先客が1名。あれッ歩道橋にフェンスあったっけ?
 11:00過ぎ,単独「あかつき」マークを付けたED76-92の入換作業が始まった。長崎駅ホームには体験ツアーに乗車するのか,多くの人達が待ち構えていた。10月のトワイライトを彷彿させる状況となっていた。
 この宝町踏切,長崎駅構内にあるため定期列車以外にも入換作業で頻繁に閉まっている。そういえば10月のトワイライトの時も裏被りされたよな〜と思い出しつつ9034レを待った。徐々に同業者が集まり総勢10数名となった。
 11:30に「かもめ」が発車していったのだが,キハ66・67も引き上げ線に引き上げてきて中途半端?な所に居座っている。まさかッ!もう発車時間であった。無線で発車指令が出されたのだが,まだキハ66・67が動く気配がない。入換信号が変わり動き出した瞬間,ED76-92牽引の9034レがひょっこり顔を見せた。やられたッ!またか〜。キハ66・67もご丁寧に途中で止まってくれるし・・・。
 結局,長崎駅発車シーンは意中の構図とは程遠い結果となってしまった(とりあえず入換シーンは撮れたのだが)。

20080301_DSC_9856.jpg
■長崎本線 長崎〜浦上 見事に裏被りされた9034レ

 コインパーキングの代金300円を支払って移動開始。長崎駅裏から出島道路を経由して目指すは喜々津〜西諫早間の踏切。撤収に手間取ったので無理かな?と思いながら順調に高速をかっ飛ばす。諫早ICに着いたのが12時直前。踏切付近には多くのギャラリーがスタンバイしていた。三脚のセット,レンズ交換する暇がないので宝町踏切で使ったテレコン付きの状態でアングルと露出確認をして通過を待った。がアングルがしっくりこないので長崎よりに移動して落ち着いた。踏切が鳴り出し,多くのツアー客を乗せた9034レが快調に通過して行った。

20080301_DSC_9856.jpg
■長崎本線 喜々津〜西諫早 多くのギャラリーに見送られて通過する9034レ

 とりあえず折り返しの9033レまで1時間あったので正月にロケハンしておいた場所へ移動。撮影後の移動を考慮して車を方転させておいた。
 あまりメジャーな場所ではないせいか誰もいなかったが,通過前には他に2名がやってきた。友人からのメールによると肥前古賀のコンクリート橋付近には50名近くいたらしい。うわッ!?
 そろそろかな?ビデオをまわしていると上りの783系「かもめ」が通過して行った。いったん遮断機が上がったがすぐに閉まり,遠くから赤い機関車が見えてきた。きた〜ッ!大きくカーブしているところで連写開始。久しぶりに怒涛の?25連写を味わった。

20080301_DSC_9880.jpg
■長崎本線 西諫早〜喜々津 ビデオカメラをセットして走っていた9033レ

 そそくさと撤収して移動開始。諫早ICまで戻り,長崎駅進入シーンを撮影するべく,今日3度目の出島道路経由でで長崎駅へ戻った。運よく駅構内の駐車場に車を止めてホームへ。中線には「あかつき」の旧ヘッドマークを付けたDE10が待機していた。ホームの先の方は既に埋め尽くされていたので,中ほどのところから低めのアングルでスタンバイ。駅のアナウンスで「9033列車ただいま浦上」と案内があったためビデオを回し始めた。午前中撮影した宝町踏切付近を通過して,列車近づいてきた。そろそろと思った瞬間,前方に割込が。急遽アングルを変えて事なきを得たのだがビデオの方は・・・。

20080301_DSC_9909.jpg
■長崎本線 長崎駅 長崎駅に進入する9033レ

20080301_DSC_9914.jpg
■長崎本線 長崎駅 長崎駅に到着した9033レ

 「何時まで止まってますか?」
 「えっと15:40頃までですね」
 撮影会をやるために2時間ほど停車するとのことで,ゆっくりと撮影できた。そのうち,885系「かもめ」を交えて3並びも実現(後で聞いた話によると国鉄色の66・67も4番線に並んだとのこと)。ただ,ED76の正面に屋根の影ができてしまったのが残念であった。

20080301_DSC_9919.jpg
■長崎本線 長崎駅 「あかつき」と「かもめ」の競演

 この後,長崎空港まで移動しレンタカーを借り,国道444号線を経由して波瀬の浦方面へ向かい,再度ロケハンをしておいた。
 レンタカーは軽自動車。シートをフラットにできるため車中泊も考えていたのだが,翌週の出張を考えると疲労を溜めておくことはできないため,諫早市内のビジネスホテルに宿泊することにした。
posted by ttoyo64 at 18:54| Comment(0) | 2008年春